【ポートフォリオに最適】おすすめレンタルサーバー3選

制作環境

ポートフォリオを作って公開したいけど、サーバー選びの基準がよくわからない…。

そんな疑問にお答えします!

Webサイトを制作して世の中に公開するためには、サイトのドメインを取得し、サイトのデータをサーバーにアップロードしなければなりません。

そこで必要となってくるのが「レンタルサーバー」です。

レンタルサーバーは性能や料金がピンキリ。「何のためにサーバーをレンタルするのか」という使用目的に応じたサーバー選びは非常に重要な要素の一つです。

その目的を踏まえて、この記事ではポートフォリオなどの個人サイトにオススメなレンタルサーバーをご紹介します。

これからポートフォリオや個人のサイトを作ろうと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログでは私自身が異業種から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作にまつわる知識や技術について発信しています(適当な日記もたまに)。

つなをフォローする
スポンサーリンク

ポートフォリオにおすすめなレンタルサーバー3選

結論から申し上げると、以下3つのサーバーがオススメです。

レンタルサーバー名おすすめプラン料金(税込)特長
エックスサーバースタンダード990円/月〜
7/21まで792
・国内シェアNo.1の安心と信頼感
・独自ドメインが1つ無料
ロリポップ!ハイスピード99円/月〜・業界最安級プランあり
・契約プラン数が最多級
ConoHa WINGWINGパック
ベーシック
1320円/月〜
7/4まで
687円/月〜
・独自ドメインが2つ無料
・人気上昇中の新しいサーバー
おすすめレンタルサーバー3選

数あるサーバーの中でこの3つを選んだ理由を一言で言うと「有名だから」です。

サーバーを真剣に選んでる人
サーバーを真剣に選んでる人

有名なだけでオススメすんなペテン師

という声が聞こえてきます…。すみません。
しかし有名に勝るものはないです。見ず知らずのイケメンとキムタクを比べたら、やっぱり選ばれるのはキムタクです。

有名なのはそれなりの良さがあって、有名なわけなのであります…。

そのようなことも含めて、これら3つのサーバーを詳しく解説していきます。

エックスサーバー

エックスサーバー は2003年からサービスを開始した老舗のレンタルサーバー会社です。
そのエックサーバー最大の特長は「圧倒的な信頼度」。国内シェア率もNo.1を誇っています。

現状エックスサーバーを含む「老舗のサーバー会社」と呼ばれるものは、以下に二極化しています。

  1. 技術をアップデートしてより使いやすくなっている!(良いサーバー!)
  2. 古くからあるけど、中身も古いまま…(イマイチなサーバー…)

エックスサーバーは前者の「技術をアップデートしてより使いやすくなっている」方であり、長年の運営における信頼を勝ち取っているサーバー会社という印象です。

実際「機能が充実 & 高速 & 低価格」をウリにしているサーバー会社はたくさんありますが「信頼度」はやはり年数を重ねないと定着していかないものです。

その信頼度とは導入実績サーバーに急な不具合が生じないサポート体制が充実してるなどが挙げられます。

また国内シェア率No.1とは、それだけたくさんの情報が世に出回っているということです。
メールや電話でのサポートも充実していますが、ちょっとわからないことは調べればすぐ検索に出てきます。これもエックスサーバーを使うメリットの一つです。

そして私自身、現在エックスサーバーを利用中です。

エックスサーバーのサーバープラン

エックスサーバーには「スタンダード・プレミアム・ビジネス」という3種類のプランがあります。

2022年6月現在 エックスサーバー のサーバープラン

プランによって変わるのは主に以下の3つです。

  • vCPU(リソース保証)
  • メモリ(リソース保証)
  • ディスク容量

簡単に説明すると「vCPU」と「メモリ」はサイトの動作に影響するもの、「ディスク容量」はどれだけのファイルをアップロード可能かという項目です。

そして、ポートフォリオや個人のウェブ・ブログ用として使用する場合は「スタンダート」プランを選んでおけば間違いありません

実際私はスタンダートプランを利用していますが、動作や容量で不便を感じたことはないです。
ポートフォリオに限らず、ブログなどのデータも全てひとつのサーバーで管理しています。今のところ容量はかなり余裕です。

エックスサーバーの料金

エックスサーバーは初回契約時の契約期間によって、月額料金が変わります。

2022年6月現在 エックスサーバー の料金

初回で36ヶ月(3年)の契約をすると、月額が一番抑えられます。
そのため、ポートフォリオのみならず、この先サイトやブログ運営を行おうと考えてる方の場合は36ヶ月契約をオススメします

「さすがにそこまで長期契約をして使う自信がない…」という方は12ヶ月契約で良いでしょう。

12ヶ月より短い期間でエックスサーバーを契約するとなると、さすがに割高です。
その場合は後述する「ロリポップ!」での契約をオススメします。

私自身初回は12ヶ月契約で申し込みましたが、実際2年以上使い続けています(もっと長くしとけばよかった…)

エックスサーバーの申し込みは下記の公式サイトより可能です。

エックスサーバーの申し込み手順を詳しく解説した記事もありますので、ぜひ契約時の参考にしてみてください。

ロリポップ!

ロリポップ! は2001年にサービスを開始。こちらも老舗のサーバー会社です。

そんなロリポップの最大の特長は「プラン数の充実さ」。
少しでも価格を安く抑えたいという方から、ビジネス向けのものまで、さまざまなプランが用意されています。

一番安いプラン料金は「月額99円〜」となっており、レンタルサーバーとしては最安級です。
はじめてサーバーを借りる人に対してもハードルが低い価格設定となっています。

基本的な機能はもちろん、WordPressの簡単インストールや、無料SSL、自動バックアップなど、低価格でもサービスの豊富さは他のサーバーと引けを取りません。

個人的に昔のロリポップ!は「安いけれど速度が遅い」というイメージがありました。
しかし近年は高速表示に対応するプランが登場するなどして、そのイメージが払拭されています。

ロリポップ!のサーバープラン

ロリポップ!のサーバープランは「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」の5種類です。

2022年5月 ロリポップ! のサーバープラン

「ハイスピード」プラン以上はWebサーバーのグレードが上がっており、WordPressの”最高速表示”が可能です。

しかし目的がポートフォリオの公開だけの場合は、一番安い「エコノミー」プランでも問題ありません。

注意点としてWordPressの実績を含める場合は、エコノミーの一つ上の「ライト」プラン以上を選択してください。
エコノミープランではWordPressの簡単インストールができません。

ポートフォリオだけでなく、サイトやブログの運営をやろうと思ってる方は「ハイスピード」プランが断然オススメです
表示速度はユーザーの離脱率に直結するため、速いに越したことはないからです。

また「ハイスピードプラン」は12ヶ月以上の契約で、独自ドメイン一つを無料で取得することができます。
本来独自ドメインは更新料に数千円かかるため、これを利用しない手はありません。

ロリポップ!の料金

以下はロリポップ!のプランごとの料金表になります。

2022年5月 ロリポップ! の料金

前述した通り、最安の「エコノミー」プランはポートフォリオの公開だけの場合にオススメです。
1ヶ月契約でも132円なので、お茶一本分くらいですね。

サイトやブログの運営にオススメな「ハイスピード」プランも36ヶ月契約することで、月額550円という低価格で使用することができます
またハイスピードプランのみ初期費用(1,650円〜)が無料です。

ロリポップ!のオススメプランをまとめると、以下のようになります。

ロリポップ!のオススメプラン
  • エコノミー
    →ポートフォリオの公開のみ。WordPressを使用する予定のない方
  • ライト
    →ポートフォリオの公開のみ。WordPressを利用する方
  • ハイスピード
    →ポートフォリオの公開に加えて、そのポートフォリオの運用、ブログなどもやろうと思っている方

どのプランも最長の36ヶ月契約だと、一番価格を抑えることができます。
しかしロリポップ!はもともとの価格が安いので、12ヶ月契約でもサーバー代としてのコスパは良いと言えるでしょう。

ロリポップ!の契約手順は下記の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

ConoHa WING

ConoHa WING は2018年にサービスを開始した、比較的新しいサーバーです。
ブロガー人気が上昇中のサーバーで、機能面や速度、価格の安さなどで今注目されつつあります。

WordPressを使ったサイトを開設をする場合、WordPress本体、WordPressのテーマ、サイトのSSLをまとめて一括で申し込みすることができます
自動ですべての設定が完了するので、すぐにサイトの公開やブログを始められるのが特長です。

ポートフォリオに加えて、これからサイト運営を始めてみようという方にはとてもオススメのサーバーです。

ConoHa WINGのサーバープラン

ConoHa WINGには「通常プラン」と「WINGパック」の2種類の契約方法があります。

ConoHa WING 通常プラン

2022年6月 ConoHa WING 通常プランの料金

ConoHa WINGの通常プランは「時間単位料金」となっています。

1時間単位の料金体系で、ベーシックプランなら「1時間2.2円~」。どれだけ使っても1ヶ月最大1,320円で利用可能です。
使った分だけの料金しかかからないので、月の途中から利用を始めてもムダなコストが発生しません。

ポートフォリオなど、限定的で使用する場合はコストが抑えられます。

時間単位制のデメリット

時間単位制は、使った分だけの支払いでコストが抑えられるかもしれませんが、実際の料金がいくらになるか計算しづらいです。
上限は1,320円で止まりますが、そこまでいくとコスパが良いとは言えないでしょう。

それらを含めて、個人的には後述する「WINGパック」をオススメしています。

ConoHa WING 「WINGパック」

「WINGパック」はレンタルサーバーと独自ドメインがセットになった、長期利用割引プランです。

2022年6月 ConoHa WING 「WINGパック」の料金

WINGパックには「ベーシック」「スタンダート」「プレミアム」のプランがあります。
プランによってディスク容量などが異なりますが、ページ数が膨大な法人サイトでもない限り「ベーシック」でOKです。

また、WINGパックでは独自ドメインが最大2つまで、永久無料で利用可能。

通常、ドメインは毎年更新料金(数千円前後)が発生するものです。
サーバー代のみでサイトを運営できるのはコストの節約になります。

WINGパックでは有料のWordPressテーマを割引で購入することも可能です。
WordPressでブログを始めようとしてる方には、おトクな特典が揃っています。

ConoHa WINGの料金

以下はConoHa WINGの各タイプの「ベーシックプラン」の料金をまとめたものになります。
※ベーシックプラン以上はスペック的に今回の比較から除外しています。

ConoHa WING 各ベーシックプランの料金
  • 通常プランベーシック
    →2.2円/時
  • WINGパックベーシック
    →687円/月(36ヶ月契約) 〜 1,210円/月(3ヶ月契約)
    ※WINGパックは7/4(月)までのキャンペーン料金です

ConoHa WINGで一番コスパの良いのは「WINGパック」の36ヶ月契約となります。

ConoHa WINGの契約手順は下記の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

ポートフォリオにおすすめなレンタルサーバーまとめ

レンタルサーバー名おすすめプラン料金(税込)特長
エックスサーバースタンダード990円/月〜
7/21まで792
・国内シェアNo.1の安心と信頼感
・独自ドメインが1つ無料
ロリポップ!ハイスピード99円/月〜・業界最安級プランあり
・契約プラン数が最多級
ConoHa WINGWINGパック
ベーシック
1320円/月〜
7/4まで
687円/月〜
・独自ドメインが2つ無料
・人気上昇中の新しいサーバー
おすすめレンタルサーバー3選

今回はポートフォリオの公開、個人サイトやブログの運営に最適なレンタルサーバーをご紹介しました。

私自身が現在使ってるのはエックスサーバーですが、ここで紹介したサーバーはどれを選んでも間違いないです。
あとは想定する利用期間や金額感などを踏まえて、自分に合ったサーバーを選んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログでは私自身が異業種から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作にまつわる知識や技術について発信しています(適当な日記もたまに)。

つなをフォローする
制作環境
スポンサーリンク
つなをフォローする
Webデザイナーどうでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました