【法人・個人別】おすすめレンタルサーバー5選

Web技術

Webサイトを作りたいけど、サーバー選びの基準がよくわからない…。

今のサーバースペックに不満があるので良いところに乗り換えたい…。

「Webサイトを作りたい」「サーバーを乗り換えたい」そう思ってレンタルサーバーを調べてみても、選択肢がありすぎてどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
今や日本だけでもレンタルサーバー会社は100社以上あると言われています。

私は現在WebデザイナーとしてWebサイトの管理と同時に、サーバーにまつわる作業も頻繁に行っています。
サーバーはクライアントが独自で借りているものが多く、さまざまなサーバーを実際に触ってきました。

レンタルサーバーの料金・性能は本当にピンキリです。動作もさながらコントロールパネルの操作が煩雑なものもあれば、色んな機能がついてとても使いやすいものもあります。

レンタルサーバーを検討する際にまず「何のためにサーバーをレンタルするのか」という使用目的があると思います。そしてその目的にあったサーバー選びは非常に重要な要素です

そのことを踏まえて、ここではおすすめのレンタルサーバーを「法人向け」「個人向け」それぞれに分けてご紹介します。

これからサーバーを借りようと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

目的別おすすめレンタルサーバー 一覧

「とにかく自分に合ったサーバーが知りたい」という方のために、まず以下に目的別のおすすめサーバーをまとめました。

レンタルサーバー名おすすめ対象特長
エックスサーバー法人・老舗サーバー会社の安心と信頼感
・サポートが手厚いビジネスプランあり
ロリポップ!法人(低価格)・老舗サーバー会社の安心と信頼感
・機能に対するコストパフォーマンスが高い
ConoHa WING個人・申し込みからWordPressブログをすぐに始められる
・独自ドメインが2つ無料(WINGパック)
リトルサーバー個人(低価格)・月額料金が150円〜470円で業界最安級
・お試し期間が長い(20日)&初月無料
mixhost法人/個人(アダルト利用)・高機能でコスパ良
・アダルト利用可能
目的別おすすめレンタルサーバー5選

上記の判断基準は、各サーバー会社の信頼度(運用年数・不具合発生率)・価格・コントロールパネルの使いやすさ・表示速度・サポート体制などを総合的に評価した結果です。

これらを含め、以下よりおすすめのレンタルサーバーを詳しく解説していきます。

エックスサーバー(法人向け)

エックスサーバー は2003年からサービスを開始した老舗のレンタルサーバー会社です。
そのエックサーバー最大の特長は「信頼度」。

私の感覚的に、老舗のサーバー会社は「技術をアップデートしてより使いやすくなっている」ものと「古くからあるけど、中身も古いまま」の二極化しています。

エックスサーバーは前者であり、長年の運営における信頼を勝ち取っている会社という印象です。

実際「機能が充実 & 高速 & 低価格」をウリにしているサーバー会社はたくさんありますが「信頼度」はやはり年数を重ねないと定着していかないものです。

その信頼度とは導入実績サーバーに急な不具合が生じないサポート体制が充実してるなどが挙げられます。

法人のWebサイトは、個人のサイトと比べてビジネスに直結するものが多いです。サーバーの不具合でサイトが止まってしまった場合、そこから得られる成果は一時的にゼロになってしまいます。

そのような意味でも「信頼度」は重要であり、法人が使用するレンタルサーバーはエックスサーバーをおすすめしています。

エックスサーバーのサーバープラン

エックスサーバーには通常の「X10・X20・X30」というプランとは別に、法人向けレンタルサーバー「エックスサーバービジネス B10・B20・B30」というプランが存在します。

X10・X20・X30プラン

通常のXプランの場合、X10、X20、X30で異なるのはディスク容量と料金のみです。
X10でもディスク容量が300GBあるため、よほどのことがない限り(サイトを何十個もつなど)容量不足に陥ることはないでしょう。

プランに迷ったらまずX10プランでOKです。

B10・B20・B30プラン

エックスサーバービジネスのB10、B20、B30プランの場合、通常プランと大きく異なるのは月に数回、各種設定の無料代行を受けられることです。

面倒な初期設定や、サーバー移転に伴う作業まで、設定の代行を受けることができます。
自社でサーバーを管理したりサーバーの担当者などがいない場合は、サポート体制が充実している「エックスサーバービジネス」を利用する価値はあると思います。

ロリポップ!(法人向け・低価格)

ロリポップ!は2001年にサービスを開始した、老舗のサーバー会社です。

前者のエックスサーバーと比較したロリポップの特長は「価格帯」です。

最安料金は月額110円〜となっており、はじめてサーバーを借りる人に対してもハードルが低い価格設定となっています(WordPressは月額220円〜のプランか利用が可能です)。

基本的な機能はもちろん、WordPressの簡単インストールや、無料SSL、自動バックアップなどサービスの豊富さは他のサーバーに引けをとりません。

個人的にロリポップ!は「価格は低いが速度が遅い」というイメージがありました。
しかし最近になって高速表示に対応するプランが登場したことにより、そのイメージが払拭され、注目度が上がっています。

ロリポップ!のサーバープラン

ロリポップ!のサーバープランは「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」の5種類です。

ロリポップの公式サイトでは「ハイスピード」がおすすめとしてあがっています。そしてこの「ハイスピード」プラン以上はWebサーバーのグレードが上がっており、WordPressの最高速表示が可能です。

私自身も契約するなら「ハイスピード」プランをおすすめします。サイトの速度はユーザーの離脱率に直結するため、表示速度が早いに越したことはないからです。

ハイスピードプランは36ヶ月契約することで、月額550円という低価格で使用することができます。
またハイスピードプランのみ初期費用(1,650円〜)が無料。
サーバーを契約し続ける見込みのある方はハイスピードプランの36ヶ月契約が一番コスパが良いです。

36ヶ月はちょっと…という方は12ヶ月から始めるでも良いと思います。

12ヶ月契約でも月額825円(初期費用なし)なので、レンタルサーバー代としてはコストパフォーマンスは高いです。

ConoHa WING(個人向け)

ConoHa WINGは2018年にサービスを開始した、比較的新しいサーバーです。
アフィリエイターやブロガーの中で人気上昇中のサーバーで、機能面や速度、価格の安さなどで今注目されています。

WordPressを使ったブログ開設をする場合、WordPress本体、WordPressのテーマ、サイトのSSLをまとめて一括で申し込みすることができます
自動ですべての設定が完了するので、すぐにサイトやブログを始められるのが特長です。

他社サーバーで使用中のWordPressを簡単にConoHa WINGへ移行できるツール「WordPressかんたん移行」を無料で提供しているほか、移行作業を全てConoHa WINGの専任の担当者にお任せできる「WordPress移行代行」サービスがあります。

このようなサーバーの引越しサポートが充実しているのも人気のポイントです。

ConoHa WINGのサーバープラン

ConoHa WINGには「通常プラン」のほか「WINGパック」と呼ばれる契約方法があります。

ConoHa WING 通常プラン

ConoHa WINGの通常プランは「時間単位料金」となっています。

1時間単位の料金体系で、ベーシックプランなら1時間2.2円~使えてどれだけ使っても1ヶ月最大1,320円で利用可能。
使った分だけの料金しかかからないので、月の途中から利用を始めてもムダなコストが発生しません。

ConoHa WING 「WINGパック」

「WINGパック」はレンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランとなっています。実際利用する場合は「WINGパック」が断然おすすめです。

WINGパックには「ベーシック」「スタンダート」「プレミアム」のプランがあります。
プランによってディスク容量が異なりますが、選ぶプランは「ベーシック」でまず問題ないです。

ConoHa WINGはプランのアップグレード、さらにダウングレードが可能なので万が一容量が足りなくなってもあとから変更することができます。

「ベーシック」の36ヶ月一括プランが最安で、月額792円です。

しかし個人でブログ運営をする場合は36ヶ月一括払いに少し躊躇してしまう方もいると思います。
その場合は12ヶ月プラン(月額891円)で様子をみるのも全然アリです。

またWINGパックでは独自ドメインが最大2つまで永久無料で利用することができます。
ドメインは毎年更新料金(平均数千円)が発生するものなので、サーバー代のみでサイトを運営できるのはコストの節約になります。

加えてWINGパックでは有料のWordPressテーマを割引で購入することができます

WordPressでブログを始めようとしてる方にはとてもありがたい特典が揃っていますね。

リトルサーバー(個人向け・低価格)

リトルサーバーは株式会社リトルネットワークが提供している2016年にサービスを開始したサーバーです。

リトルサーバーの最大の特長は、低価格なサーバということです。そしてその価格に反して機能が充実しており、コントロールパネルも使いやすい設計になっています。

一番安いプランは「ミニプラン」で月額150円から利用可能です(WordPressも導入可)。WordPressのかんたんインストールにも対応しているので、手動でWordPressをインストールする手間もありません。

全プランに無料SSLに対応してるのも魅力的ですね。

また無料のお試し期間が20日と長く、さらに契約月はサーバー料金かかりません。

例えば3/25からお試し利用を開始した場合、料金が発生する月は5/1からということになります。

※リトルサーバー公式ページより引用

リトルサーバのサーバープラン

前述した「ミニプラン」をはじめ、リトルサーバーには「ワードプラン」「リトルプラン」「ビッグプラン」から選ぶことができます。

一番機能が充実した「ビッグプラン」でも12ヶ月契約で月額430円という低価格を実現しているのが驚きです。

公式サイトでも推奨されていますが、個人でブログサイト数個を持つ程度の場合「リトルプラン(12ヶ月 月額250円)」が一番コスパに優れています

しかしリトルサーバーはいつでもプランのアップグレードが可能なので、一番低価格の「ミニプラン」から始めるのもアリです。ただし下位プランへの変更はできないので注意してください。

mixhost (法人 & 個人向け・アダルト利用)

mixhostは2016年にサービスを開始したサーバー会社です。

mixhostも前述したサーバー会社と肩を並べる高性能なサーバーになっています。WordPressも簡単に導入できて、表示速度も申し分なく高速です。

そしてmixhostの特長として、アダルトOKなことです。
アダルト系のサイトを運営する場合、アダルトOKのサーバーを使用しないと規約に違反する可能性が高いです(サイトを止められたりします)。

mixhostでは契約から30日以内であれば契約料金を全額返金する制度があります。
実質お試し期間が1ヶ月あるということになり、他のサーバーと比べるとお試しで利用できる期間が長いのも特長です。

mixhostのサーバープラン

mixhostのサーバープランは「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプラス」があります。

プランで大きく変わるのはディスク容量と料金です。一番下のスタンダードプランでもディスク容量が250GBもあるため、すぐに容量不足になるということはほぼあり得ません。

そしてmixhostでは途中のプラン変更をマイページから可能なので、万が一容量不足になったらプランをアップグレードすることができます。その際手数料もかかることはありません。

mixhostのサイトではおすすめとなっているプレミアムプランとなっていますが、実際スタンダードプランでも問題ないでしょう。
プレミアムプランを36ヶ月一括で支払った場合、スタンダードプランとほぼ変わらない価格で運用できます。

サイトを長く運営する予定がある場合は「プレミアム」プランで36ヶ月一括払いが一番おすすめです。

おすすめレンタルサーバーまとめ

レンタルサーバー名おすすめ対象料金特長
エックスサーバー法人初期費用:3,300円
月額:792円〜
・老舗サーバー会社の安心と信頼感
・サポートが手厚いビジネスプランあり
ロリポップ!法人(低価格)初期費用:0円〜
月額:110円〜
・老舗サーバー会社の安心と信頼感
・機能に対するコストパフォーマンスが高い
ConoHa WING個人初期費用:0円
月額:792円〜
・申し込みからWordPressブログをすぐに始められる
・独自ドメインが2つ無料(WINGパック)
リトルサーバー個人(低価格)初期費用:1012円
月額:150円〜
・月額料金が150円〜470円で業界最安級
・お試し期間が長い(20日)&初月無料
mixhost法人/個人(アダルト利用)初期費用:0円
月額:979円〜
・高機能でコスパ良
・アダルト利用可能
目的別おすすめレンタルサーバー5選

ここで紹介したサーバーはどれも必要最低限の機能は兼ね揃えており、使っていて「不便だな」と感じることはないはずです。

レンタルサーバーを検討する際にまず「何のためにサーバーをレンタルするのか」という使用目的があると思います。目的にあったサーバー選びは非常に重要な要素です。

そのため、ここでは目的別にレンタルサーバーを比較・紹介させていただきました。

サーバー選びに関して、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。都内に勤める道産子です。このブログでは私自身が未経験から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、スキルアップに繋がる情報を主に発信しています(適当な日記もたまに)。
Twitter:@nkichiishi

つなをフォローする
Web技術
スポンサーリンク
つなをフォローする
Webデザイナーどうでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました