【図解】エックスサーバーの契約方法を解説

業務ノウハウ

この記事では、ポートフォリオを制作して公開したい方、ブログを始めて運営したい方に向けて「エックスサーバー 」の契約・設定方法を解説しています。

初めて契約する方にもわかりやすいように、実際の申込み画面を参照しながら説明していきます。
契約自体はおおよそ10分もあれば終わるので安心してください。

それでは始めていきましょう!

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログでは私自身が異業種から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作にまつわる知識や技術について発信しています(適当な日記もたまに)。

つなをフォローする
スポンサーリンク

エックサーバーの契約手順

エックスサーバーを契約する流れは以下のようになります。

エックサーバーの契約手順

①エックスサーバーにアクセス
②サーバープランの選択
③サーバーの契約期間を選択
④ドメインの選択(※WPクイックスタートの場合)
⑤WordPressの情報を入力(※WPクイックスタートの場合)
⑥エックスサーバーのアカウント情報を入力
⑦SMS・電話認証認証
⑧エックスサーバーから届くメールを確認
⑨WordPressのサイトURLを確認する(※WPクイックスタートの場合)
⑩WordPressの管理画面URLを確認する(※WPクイックスタートの場合)

エックスサーバーは「WordPressクイックスタート」という、契約と同時にWordPressをすぐに始められる一括設定の無料オプションをつけることが可能です。

WordPressクイックスタートをつけるかどうかで手順が若干異なるため、オプションで必要となる工程にはカッコ書きで「※WPクイックスタートの場合」と記載をしています。

①エックスサーバーにアクセス

下のリンクより、エックスサーバーの公式ページにアクセスします。

公式ページ上部の「お申し込み」というボタンをクリックします。

初めてご利用のお客様の「10日間無料お試し 新規お申し込み」を選択します。

②サーバープランの選択

申し込み画面に入ったら、下記のように契約内容を選択します。

  1. サーバーID
    変えても良いですが、そのままでOKです(IDが公開されることはありません)
  2. プラン
    「スタンダード」プランを選択(個人の場合、スタンダートプランで問題ありません)
  3. WordPressクイックスタート
    WordPressを同時に始める場合「利用する」にチェックを入れます

WordPressクイックスタートを「利用する」にチェックをつけると以下のようなポップアップが出てくるので「確認しました」のボタンをクリックします。

WordPressクイックスタートを利用するには以下の規定があるので必ずチェックしてください。

  • 10日間の無料お試し期間がなくなる
  • 申し込みと同時にサーバー料金の支払いが発生する
  • 契約の自動更新が適用される(もちろん解除することも可能)

「WordPressクイックスタート」を利用しない場合は次の③④⑤は本契約後になるので、⑥のアカウント情報入力へ進んでください。

③サーバーの契約期間を選択(WPクイックスタートの場合)

「WordPressクイックスタート」を選んだ場合は10日間の無料期間がなくなるため、申し込み時に契約期間を選択します。

3ヶ月〜36ヶ月までの範囲で契約期間を選択します。

初回で36ヶ月(3年)の契約が最安料金です。

さすがにそこまで長期契約をして使うかわからないという方は、12ヶ月契約がオススメ

エックスサーバーの場合、12ヶ月より短い期間で契約するとややコスパが悪いです。

④ドメインの選択(WPクイックスタートの場合)

エックスサーバーはドメイン一つを永久無料で利用することができます。

通常ドメイン費用は毎年更新料として数千円かかりますが、それが永久的に無料ということです。

下記のように任意のドメイン名を入力し、末尾のURLを選択します。

ドメイン名を決める際の注意点
  • ここで一度設定したドメインは後から変更することができません。
  • 末尾は「.com」か「.net」がオススメです。あまり見慣れない末尾だと、不信感を持たれる可能性があります。

⑤WordPressの情報を入力(WPクイックスタートの場合)

次にWordPressの情報を入力します。
これらの情報は後から変更が可能なので、仮でも構いません。

最初にログインするときはここで入力したユーザー名とパスワードが必要です。忘れないようにメモしておきましょう

⑥エックスサーバーのアカウント情報を入力

エックスサーバーに登録するアカウント情報を入力します。

入力したパスワードは忘れないように控えておきましょう。

これら項目を入力したら「次へ進む」ボタンをクリックし、内容を確認します。

⑦SMS・電話認証認証

本人確認のため、最後に認証操作を行います。
SMS・電話認証で認証コードを取得が可能です。

申し込みフォームに認証コードを入力すれば手続き完了です!

⑧エックスサーバーから届くメールを確認

申し込み完了後、数分すると 「【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ 」というタイトルでメールが届きます。

このメールはサーバーに関する重要な情報が記載されているので、絶対になくさないようにしてください。

「WordPressクイックスタート」にチェックを入れた場合は、WordPressのURL等の情報もこちらに記載されています。

⑨WordPressのサイトURLを確認する(WPクイックスタートの場合)

「WordPressクイックスタート」にチェックを入れた場合、契約完了からWordPressが使えるようになるには最大1時間ほどかかります。
少し時間をおいてサイトを見てみましょう。

Hello world!!」という記事が表示されれば、WordPressが正常に設置されています。

SSL化もされているので、別で作業する必要もありません。
※SSL化とはURLがhttps~で始まる、Webサイトのセキュリティ対策のことです。

⑩WordPressの管理画面URLを確認する(WPクイックスタートの場合)

管理画面URLにアクセスして、WordPressのユーザー名とパスワードを入力します。
これでWordPressの利用が可能です!

まとめ

作ったサイトを始めてサーバーにアップして、世の中に公開されたときの感動はひとしおだと思います(現に自分もそうでした)。

またサーバーを一度契約すると、その中にさまざまなWebサイトのデータをアップロードすることが可能です。
サーバーはあくまでも「土地」の準備ができた状態なので、この上にいろんなコンテンツを構築して、内容を充実させていってください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログでは私自身が異業種から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作にまつわる知識や技術について発信しています(適当な日記もたまに)。

つなをフォローする
業務ノウハウ
スポンサーリンク
つなをフォローする
Webデザイナーどうでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました