MENU
アーカイブ
つな
アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログでは私自身が異業種から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作にまつわる知識や技術について発信しています(適当な日記もたまに)。

PC壁紙を毎日オシャレに衣替え!Unsplashで自動日替わり壁紙を設定する方法

デスクトップにオシャレな壁紙が欲しい!!!

毎日使うパソコン。毎日見るデスクトップ画面。

「お気に入りの画像を設定してるけど、ちょっと飽きてきたな…」そんな方にオススメなのがUnsplash WallpapersというMacのアプリです。

このアプリはMac専用です。
Windowsの方は「Splash!」という類似のアプリが使用できます。

この記事を書いた人

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。このブログではWebデザイナーを目指す方に役立つ記事、サイト制作のあれこれについて発信しています。

Twitter
お問い合わせ

目次

Unsplash Wallpapersとは?

Unsplash Wallpapersは、Unsplashという写真共有サイトの中から日替わりで壁紙を自動設定してくれるアプリです。

写真共有サイト「Unsplash」の特長は以下の通り。

  • 全ての写真がダウンロード無料
  • 会員登録必要なし
  • クレジット必要なし
  • 商業利用可
  • 高画質
  • 写真のクオリティが高い

実際サイトを見てもらえばわかる通り、かなりオシャレ寄りな写真が盛りだくさんです。しかも全て無料。

これらの写真を普通にダウンロードして壁紙に設定するでも良いですね。
しかしUnsplash Wallpapersを使うと、ランダムで自動的にUnsplashから写真を選定、壁紙に設定してくれます。これがかなり便利で新鮮なのです。

また壁紙の更新頻度も「1日」「1週間」「手動」から選べます。日替わりで違う壁紙が楽しめるのも魅力ですね。

補足としてUnsplashおよびUnsplash Wallpapersは、日本語表記がありません。
英語でも難しいことはないので、サクッと設定しちゃいましょう!

Unsplash Wallpapersの設定方法

Unsplash Wallpapersの設定方法を解説していきます。
まずApp Storeから本体をインストールします。

基本設定

インストールしたアプリをクリックすると、デスクトップの上部バーにUnsplashのアイコンが出てきます。

これをクリックすると以下のようなポップアップが表示されます。

矢印はリロード、「Set as Wallpaper」で今出ている写真が壁紙に設定される仕組みです。

日替わりや週替わりで自動設定したい場合は「一番右の歯車マーク→Preferences」をクリック。
そうすると以下のような更新設定が可能です。

  • Launch on system startup
    →起動時に「Unsplash Wallpapers」を起動するか
  • Update on all screens and desktops
    →サブディスプレイ、仮想デスクトップ全ての壁紙を変えるか
  • Update
    更新のタイミング
    Daily:毎日、Weekly:週一回、Manual:手動

ちなみに毎日にすると、日本時間の午前8時〜9時頃に壁紙が自動的に更新されます(具体的な時間が把握できてません)。

テーマ設定

テーマ設定とは、どんなテーマの写真を壁紙にするか設定できる機能です。
アイコン左から2番目の四角が並んだ項目をクリックすると以下のような画面になります。

デフォルトでは「Editorial(注目の写真)」「nature(自然)」「animal(動物)」などが用意されています。
これらにチェックをつけて「Set Themes」をクリックすれば設定完了です。

ちなみに自分の場合はテーマをもう選んでいるので右下が「summer」というタイトルになっています。初めて設定する方は空白(+マーク)になってるかと思います。

次にUnsplash上で自分でテーマを探して設定する方法を解説していきます。

自分でテーマを探して設定したい場合

1. テーマ選択の画面で+マークをクリックします。

2. unsplash.comをクリックしてリンクへ飛びます。

3. ハンバーガーメニュー(≡)を開き、Collectionsをクリックします。

4. Collectionを選びます。ここでは「MockUps」というコレクションを選んでみましょう。(ちなみにモックアップは「模型」という意味です。)

5. コレクションページにいったらURLを⌘+Cでコピーします

6. その状態でUnsplash Wallpapersの画面に戻ると、コピーしたURLが自動で反映され、コレクション名もテーマ名として入ってるのがわかります。
この状態で「Done」をクリックするとアプリ上でテーマが選択できるようになります。

7. 読み込んだテーマにチェックをつけ「Set Themas」をクリックします。

8. そうすると壁紙がモックアップのテーマの写真に切り替わりました!Webデザイナーならよく見るあのモックアップ画像です。iPadにWebサイトのイメージ写真をはめたい衝動に駆られますね。

…とまぁこんな実用的な写真もUnsplashにはあるわけです。

履歴表示

時計のアイコンは今まで表示した写真の履歴をみることができます。

写真をクリックすると再度壁紙に設定できたり、写真そのもののダウンロードも可能です。

コレクションを自分で作成&公開

このUnsplashのコレクションは、全てユーザーが作成したものになります。

ユーザーになると写真上にある「+」マークで自分だけのコレクションを作成することができます。ユーザー登録はもちろん無料。

Unsplash上の写真全てをコレクションに追加できるので、自分がアップした写真ではなくても大丈夫です。

自分で作成したお気に入りのコレクションをUnsplash Wallpapersに設定することも可能です。

私のコレクションを紹介します

ちなみに私もUnsplashを使っており、不定期ですが趣味で撮った写真もアップしています。
それらをコレクションとしてまとめているので、ご覧いただければ幸いです。

壁紙で使いやすいように、コレクション内の写真は全て横長をチョイスしています。

もし気に入っていただければ、壁紙等で使っていただけると嬉しいです!写真のほうも随時追加していきますね。

毎日見るパソコンのデスクトップ、ぜひいろんな写真で楽しんでみてください!

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次