写真管理・編集作業を効率化!Lightroomのススメ

LightroomのススメWeb技術
趣味カメラちゃん
趣味カメラちゃん

写真はたまに撮るけど、編集ソフトが難しそうでレタッチまではしていないなぁ。

デザイナーくん
デザイナーくん

画像編集ソフト?Photoshopで十分だよ。

趣味で写真を撮る方、撮った写真を編集しないなんて、もったいないです。

仕事で写真編集を多くやられるデザイナーの方。Lightroomという存在は知っているけど、実際に使ったことない方が多いのではないでしょうか。
写真の管理・補正に関しては「Photoshop」より「Lightroom」の方が断然使いやすいです。

私自身、趣味で撮った写真、仕事で使う写真素材等をLightroomで編集することが多々あります。
今回はそんなLightroomの魅力と基礎的な使い方の紹介です!

Lightroom is 何

趣味カメラくん
趣味カメラくん

写真編集ソフトってどれも同じでは?というか今じゃスマホでも簡単にできるし…

デザイナーちゃん
デザイナーちゃん

写真の編集だけならPhotoshopでもできるじゃん?

確かに数枚の写真編集だけならPhotoshopで事足りるかもしれません。
しかし、それが何十枚・何百枚となったときはなかなか骨が折れますよね。

そこで便利なのが「Lightroom」。
Lightroomは「写真編集」の他に「写真管理」の特性を持ち合わせています。

LightroomとPhotoshopの違い

以下はAdobe社のLightroomとPhotoshopを比較したそれぞれの特長です。

Lightroomの特長
  • 大量の写真管理、編集に向いている
  • 過去撮った写真の検索ができる
  • ソフト内で写真の閲覧、取り込み、編集、出力の一貫した作業が可能
Photoshopの特長
  • 細かい加工やレイヤーを使った高度な編集が可能
  • 文字入れや写真を使ったデザイン制作ができる
  • できることが無限大すぎて、初心者には逆に使いにくい

Lightroomは大量の写真管理と編集、Photoshopは写真の細かい加工やデザインに特化しています。

Lightroomは非破壊編集

非破壊編集とは「写真そのものに手を加えずに編集する」ということです。

さらに具体的に言うと「画像を劣化させずに、いつでも、何度でも、好きな編集ポイントに戻せる」ことができます。

なぜこのような編集が可能かというと、Lightroomでは写真の編集履歴を「カタログ」というもので管理しているからです。

Lightroomの最重要ワード「カタログ」

Lightroomを使う上で必ず知っておかなければならない機能に「カタログ」という言葉があります。

カタログと聞いてもピンとこないかもしれませんが、言い換えると「カタログ=写真の編集データ」です。

Lightroomは「写真そのもの」と「写真の編集データ」を別な場所で保存しています。
なので、いくら写真を編集しようが「写真そのもの」に影響がでることはありません。

Lightroomの仕組み

そして写真の編集データは時系列で蓄積されていくため、いくらでも履歴を遡ることが可能です。

カタログの扱い方

Lightroomを開く際には「写真データ」「カタログデータ」の両方が必要です。

そのため最初にLightroomを開いた際には、最低でも一つのカタログが生成されます。
カタログファイル(拡張子「.lrcat」)は、一つさえあれば全ての編集データはそこに蓄積されていくので、あえてカタログを何個も作る必要はありません。

カタログを分けるメリットとデメリット

カタログを新たに作成し、分けるメリットとしては「特定の写真の編集データのみ読み込ませることができる」という点です。
プロジェクトや月・年ごとにあらたにカタログを作成すると、そのカタログデータのみ読み込むことができます。

しかしLightroomでは別なカタログを開くたびにソフトが再起動するため、カタログをあまり細かく分けると逆に面倒になります。

写真の編集量と頻度によってカタログを分けるのもありですが、基本は一つでもOKです。

PC上の全画像データをLightroom内で閲覧可能

Lightroomのもう一つの特徴は「写真管理」です。

Lightroomはソフト内でPC上の全画像データにアクセス・閲覧・編集することができます。

前述したとおり、Lightroomは「写真そのもの」と「写真の編集データ」を別な場所で保存しているため、「元写真に影響がでないようにデータをコピーして編集する」ということをする必要はありません。

Lightroom上で特定の場所から読み込んだ写真を編集すると、別の場所に保存された「カタログ」にその編集データが蓄積される仕組みです。

Lightroomの仕組み

編集用に写真をコピーする必要が無いため、HDDの容量節約にもなります。

注意点として、一度読み込んだ写真の保存場所を変更してしまうと、Lightroom上で写真のリンクが切れてしまいます
写真の保存場所はあらかじめひとつの場所に決めておくようにしましょう。

写真データはPC上に保存し続けていると容量を圧迫してしまうので、外付けHDDやクラウド上に入れておくのがおすすめです。

Lightroomの使い方

ここからは実際のLightroomの基本的な使い方を説明していきます。

ファイルの読み込み方法

上部のメニューバーから「ファイル」→「写真とビデオを読み込み」を選択します。

次に読み込むフォルダとファイルを選択します。

①読み込みたいフォルダを選択
②「追加」を選択
③読み込みたいファイルにチェック
④「読み込み」をクリック

以下のように、写真が読み込まれます。

Lightroomでの写真の読み込み方法は「コピー」「移動」「追加」の3種類あります。

写真の読み込み方法
  • コピー:写真を別の場所にコピーしてそこから読み込み。
  • 移動:写真を別の場所に移動してそこから読み込み。(移動元のフォルダからは消えます)
  • 追加:現在ある写真の場所から読み込み。

ちょっとややこしいですよね。そして読み込み手段としては「追加」がオススメ
あらかじめ決めておいたフォルダに写真を保存しておき「追加」でLightroomに読み込む方法です。

こうすることで写真の保存場所は変わらず、保存場所にある写真をそのまま編集することが可能になります。

ファイルの編集方法

Lightroomで写真を読み込んだ後、上段の「現像」を押すと編集ができます。

右側の編集用パネルを操作することにより、写真を編集していきます。

「とりあえず撮ったままよりは良くしたい」という方は「自動補正」ボタンを押すだけでもそれなりの補正が可能です。

写真の編集・レタッチの可能性は無限大なので、色々試行錯誤してみてください!

ファイルの書き出し方法

写真の編集が終わったら「ファイル」→「書き出し」を選びます。

書き出し先のフォルダや拡張子、サイズ等を決め、「書き出し」ボタンを押すと編集した写真が書き出されます。

まとめ

Lightroom特有の「カタログ」という概念が少し特殊ですが、慣れれば写真管理ソフトとしての使いやすさはピカイチです。

またLightroomは写真の管理や補正が楽にできますが、背景を切り抜いたり、文字を入れたり、画像を重ねたりする「加工」は得意ではありません。
その点は同じAdobe製品の写真加工ソフトPhotoshopに頼りましょう。

Lightroomでは編集中の写真を簡単にPhotoshopへ移動でき、編集後にLightroomへ返すことができます。
ソフト間の連携が素晴らしいのもAdobe製品の特徴ですね。

Adobeの公式サイトに「Lightroom」と「Photoshop」の効率的な連携の仕方が詳しく解説されていますので是非参考にしてみてください。

LightroomからPhotoshopへ
PhotoshopをLightroomと一緒に使用して、コンテンツに応じたツールでオブジェクトを削除および移動したり、写真を組み合わせて合成写真にしたり、フィルターを追加したり、テキストを追加したりする方法について説明します。

以上Lightroomの基本的な使用方法の解説でした!参考になれば幸いです。

つな

アラサーからWebデザイナーになりました。前職は医療従事者。都内に勤める道産子です。このブログでは私自身が未経験から転職した体験を元に、Webデザイナーを目指す方に役立つ記事、スキルアップに繋がる情報を主に発信しています(適当な日記もたまに)。
Twitter:@nkichiishi

つなをフォローする
Web技術
スポンサーリンク
つなをフォローする
Webデザイナーどうでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました